【タリバンの愚行と明治維新の「廃仏毀釈」とどう違うのか??】

アフガニスタンではタリバンが復活し、かつてのバーミヤン大仏破壊の再現が危惧されていますが、ニュースによれば、今から150年前の日本でも同じような、いやそれ以上?行為があったというのはご存知だったでしょうか?そのタリバンの愚行と明治時代の廃仏毀釈の比較話として興味深いです。

詳しくは現代ビジネスから

https://gendai.ismedia.jp/articles/-/86923

ほかにも1960年代の中国の文化大革命時の文化財破壊など、時の権力者によって、文化財は時代との流れと共に非常に弱い存在と言えるかもしれません。また、考え方を変えると、今のアフガニスタンは今から150年前の日本の混乱した状態の時代感覚と言えるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です